キャンプ場

洞爺水辺の里財田(たからだ)キャンプ場のサイトはどんな感じ?湖畔のキレイなキャンプ場

 

きくりん
洞爺水辺の里財田キャンプ場はちびみ一家お気に入りのキャンプ場です。

きくりんです。

 

北海道の洞爺湖町にある洞爺水辺の里財田キャンプ場は洞爺湖畔にある人気のオートキャンプ場です。

2020年8月3日~5日の2泊3日でファミリーキャンプをしてきました。

去年に続き2回目の訪問になります。

 

今回は夏休みを少し早く取って8月初旬の平日で利用しました。

平日でしたが各サイトに数組ずつキャンパーの方たちが来ていました。

洞爺水辺の里財田キャンプ場は洞爺湖の湖畔に行くことができて、湖の景色を眺めることができ設備もとてもキレイなキャンプ場です。

 

悩むパパ
ファミリーキャンパーはどこのサイトがおすすめ?

利用する際の注意事項は?

 

洞爺水辺の里財田キャンプ場に行ってみたいけど、このような点が気になっている方は是非読んでみてください。

 

スポンサーリンク

洞爺水辺の里財田(たからだ)キャンプ場

出典:洞爺湖町HPより

北海道の洞爺湖町にある「洞爺水辺の里財田キャンプ場」。

洞爺湖に面しておりキャンプサイトから洞爺湖の水辺に行くことができます。

テントサイトは、

  • キャンピングカーサイト
  • プライベートサイトA
  • プライベートサイトB
  • オープンサイト
  • フリーキャンプサイト

5つあります。

今回ちびみ一家はプライベートサイトAに宿泊しました。

それぞれどのようなサイトになっているか後で紹介しますね。

 

洞爺水辺の里財田キャンプ場の基本情報

  • 住所      洞爺湖町財田6
  • 電話      0142-82-5777
  • チェックイン  フリーサイト12:00~、オートサイト13:00~、コテージ14:00~
  • チェックアウト コテージ10:00まで、キャンプ泊11:00まで
  • デイキャンプ  8:00~16:00
  • 予約      予約必要(電話のみ)

 

料金

入場料大人デイキャンプ500円
1人1泊1,000円
小人デイキャンプ200円
1人1泊500円

※大人:中学生以上、小人:小学生
※コテージを使用する場合、入場料を徴収しません。
※フリーキャンプをする場合は入場料と
駐車場維持費(1台1日400円、1台1泊800円)がかかります。

 

キャンピングカーサイト(100平方メートル)
電源付・ベンチテーブル
デイキャンプ 1,600円
1サイト1泊  3,300円
プライベートサイトA(100平方メートル)デイキャンプ 1,100円
1サイト1泊  2,200円
プライベートサイトB(50平方メートル)
●2家族で来ると便利。
デイキャンプ  500円
1サイト1泊  1,100円
オープンサイト
(区切りのない芝生広場)
デイキャンプ  600円
1サイト1泊  1,200円
コテージ(6人分寝具、バス、トイレ付)1泊1棟    20,000円

 

きくりん
今回ちびみ一家は大人2人、小学生1人、幼稚園児1人でオートサイトAに2泊宿泊で9,400円でした。

 

予約

予約は電話のみの受付になります

インターネットを利用しての予約は出来ません。

人気のキャンプ場なので電話をしても繋がりにくい場合があります。

予約をすると日付入りの番号を伝えられますので必ずメモをしてチェックインの時に伝えるとスムーズです。

 

チェックイン

センターハウスでまずはチェックインです。

センターハウス目の前に広い駐車場がありますので車を停めてチェックインをします。

 

コロナウイルス感染対策でフリーサイト・オートサイト・ケビンのチェックイン時間が異なっていますので気を付けてください

予約の際に伝えられた番号をスタッフの方に伝えて用紙に必要事項を記入して料金を支払います。

 

出入口ゲート

キャンプ場内に入る際はゲートがあります。

チェックインの際にゲートを開けるリモコンを渡されますので出入りする際は自分でゲートを開けます。

 

出入口ゲートの出入りは6時から22時となっています。

温泉などで外出する際は時間に気を付けてください。

 

洞爺水辺の里財田キャンプ場のキャンプサイト・コテージ紹介

出典:洞爺湖町HPより

洞爺水辺の里財田キャンプ場は5つのテントサイトとコテージがあります。

それぞれの特徴とファミリーキャンプにおすすめの場所を紹介していきます。

 

キャンピングカーサイト

センターハウスから入場してオートサイト方面に向かうとすぐあるのがキャンピングカーサイト。

5サイトあり、ベンチテーブルやAC電源のコンセントがあります。

 

駐車スペースの看板のところにAC電源のコンセントがあります。

小さいお子さんがいて電源を使いたいファミリーは、こちらのキャンピングカーサイトがおすすめになります。

トイレにも1番近いので小さいお子さんの歩く距離が少なく済むのも助かりますね。

 

プライベートサイトA

キャンピングカーサイトから湖側に行くとプライベートサイトAになります。

プライベートサイトAは道路を挟んで湖畔側2サイト、キャンピングカーサイト側に3サイトあります。

プライベートサイトAはAC電源のコンセントはありません。

隣のサイトとのスペースが十分あり名前の通りプライベートなサイトとなっています。

 

 

広さは正直、広くはないかなと感じます。

ちびみ一家はDODのタケノコテントを使っていますがタープは普通には張れませんでした。

大きいテント向きではないかなと思います。

お隣のカマボコテントはちょうど良さそうでした。

 

去年は湖畔側に宿泊し今年はキャンピングカーサイト側でした。

湖畔側はすぐ洞爺湖の方に行けるので良かったです。

キャンピングカーサイト側は湖畔側のサイトが埋まっていたら洞爺湖の方に行くときにちょっと気を使いそうです。

 

炊事場がすぐ隣にあるのは便利でした。

トイレはセンターハウス側とスポーツ交流館どちらでも行けますがちょっと歩きます。

お子さんのトイレは早めに行ってあげた方がいいですよ。

 

プライベートサイトB

キャンピングカーサイトの隣にあるのがプライベートサイトBになります。

プライベートサイトBは1つの広めのサイトにテントを2つ並んで張るタイプになります。

ホームページでも2家族で来ると便利と記載されているのはテントが隣同士になるからです。

 

1家族でプライベートサイトBを予約して、知らないキャンパーさんの隣になるのはちょっと嫌ですね。

2家族や友人同士のグループキャンプ用のサイトと言っていいでしょう。

 

この日もプライベートサイトBを覗いてみましたが、皆さんグルキャンの方たちでした。

1家族の場合はプライベートサイトBは避けましょう。

 

オープンサイト

プライベートサイトAを通って奥にあるのがオープンサイトになります。

区切りがないカーサイトとなっていますが、場所によっては溝で区切られているところもあります。

 

車の駐車スペースは決まっていないようです。

平らな芝生なのでプライベートサイトAよりも奥行きがあり広く感じます。

テントサイトを広く使いたい場合はこちらのオープンサイトがおすすめです。

オープンサイトも湖畔側と道路挟んで反対側に分かれます。

 

次回、財田キャンプ場に行くときはこちらのオープンサイトにしようかと考えています。

プライベートサイトAはテントを張る部分が小さい丘のように盛り上がっているので、使えるスペースが限られるんですよね。

それを考えるとオープンサイトはスペースを有効に使えそうです。

 

フリーキャンプサイト

今回、洞爺水辺の里財田キャンプ場フリーキャンプサイトを見ましたがかなり広くてビックリしました。

平日で混雑していなかったので、ほとんどのキャンパーさんがセミオートでテントを張っていました。

フリーキャンプサイトに向かうとまず第3駐車場があります。

 

このようにオートサイトのように車を停めて利用していました。

空いているのでプライベートサイトAよりもプライベート感あるんじゃないでしょうか・・・

 

 

次に第2駐車場があります。

こちらは湖に近い方に皆さん停めていました。

 

セミオートスタイルでテントを張っています。

 

1番奥に第1駐車場がありました。

 

こちらも皆さんオートキャンプスタイルです。

空いている平日はフリーキャンプサイトでいいのかなと感じます。

ただセンターハウスまで少し距離があります。

トイレ・炊事場はフリーキャンプサイト側にもあります。

 

フリーキャンプサイトのみ駐車場維持費で1泊800円かかります。

 

コテージ

自炊の設備が整っておりお風呂・トイレ完備のコテージが全部で5棟あります。

湖畔側にベランダがありBBQなどができるようになっています。

1泊20,000円なのでファミリーで利用する際は少し高く感じます。

20,000円ならもうちょっと出して洞爺湖温泉に行ってしまいそうです。

 

洞爺水辺の里財田キャンプ場の各設備に関して

洞爺水辺の里財田キャンプ場にある設備について説明します。

 

Cafe Cokou

センターハウス内に「Cafe Cokou」というカフェがあります。

 

ピザやパスタのフードメニューやスイーツ・ドリンクメニューも豊富にあります。

ピザを食べている方がいましたがとても美味しそうでした。

 

キャンプの消耗品やハンドメイド作品なども販売しています。

氷やビールなどのお酒類も売っていますので足りなくなったらCafe Cokouで購入することができます。

 

夏場のキャンプは暑いので子供たちはソフトクリームを食べました。

また撤収の後に暑くて汗だくになったので、かき氷とカフェアフォガードを食べましたが、カフェアフォガードがとても美味しかった!

おすすめです(#^.^#)

 

また自転車のレンタルもやっています。

子供たちが自転車に乗りたいと言っていましたが、あいにくの天気なので断念しました。

天気が良ければ洞爺湖をぐるっと周ってくる方もいらっしゃるみたいです。

 

自販機

センターハウス受付の横に自販機が2台あります。

ジュース類はこちらで購入できます。

お酒の自販機はありませんので「Cafe Cokou」で購入してください。

 

シャワー

シャワー室は利用する時間が決められていますが使うことができます。

利用の際はセンターハウスで声をかけてくださいとのこと。

利用できる時間は決まっていましたのでセンターハウスで確認してください。

 

ランドリー

コインランドリーは使えます。

今回は2泊だったので使ってみました。

柔軟剤を入れるタイミングが残り9分ぐらいのところで入れないとダメなので面倒でした。

最初に洗剤と柔軟剤を入れておしまいではないので気を付けてください。

 

トイレ

トイレはセンターハウス横とスポーツ交流館とフリーキャンプサイトに2つあります。

虫が入らないようにドアが閉まっていますので子供たちも安心して使えました。

 

洋式と和式があります。

子供は和式は苦手なので、うちの子供たちも和式は使いませんでした。

フリーキャンプサイト側は入れませんでしたが、どのトイレもとてもキレイで清潔に保たれています。

 

炊事棟

炊事棟はプライベートAとオープンサイトの間と、フリーキャンプサイト側にあります。

炊事棟もとてもキレイです。

ソーシャルディスタンスで蛇口が1つ置きに使えないようになっていました。

 

夏の暑い時期でドアは付いていないので夜になると虫がたくさん集まっていました。

寝る前に歯磨きするときなどは虫がいるので覚悟が必要でした。

 

温泉施設

町営浴場「洞爺いこいの家」が一番近くにありおすすめです。

洞爺湖を眺めながら温泉に入ることができます。

シャンプーや石鹸、タオルは持参しましょう。

⇒町営浴場「洞爺いこいの家」

 

 

洞爺水辺の里財田キャンプ場で気を付けるポイント

洞爺水辺の里財田キャンプ場で宿泊する際に気を付けるポイントがいくつかありますのでまとめていきます。

 

ゴミの分別

センターハウスの向かいとフリーキャンプサイトの向かうところにゴミの分別BOXが置いてあります。

ゴミは基本的に透明な袋に入れて4種類に分別しなければいけません。

ココに注意

  • 燃やせるゴミ
  • 燃えないゴミ
  • 空き缶
  • ペットボトル

ガス缶はガスを抜いて所定の場所に捨てることもできます。

 

ゴミの分別はキャンパーとしてマナーですので、しっかりと分別をしましょう。

 

炭捨て場

炭捨て場は各炊事棟の中にあります。

網などの燃えないゴミは自分で分別して分別BOXに捨てましょう。

 

直火禁止・手持ち花火はOK

BBQでコンロを使用する際や焚き火をする際はブロックを使います。

オートサイトはサイト敷地内にブロックが置いてありますので使いましょう。

フリーキャンプサイトは炊事棟に置いてありましたので必要な分を持っていきましょう。

 

手持ち花火はOKなのでオートサイトの前にある道路で花火をしました。

フリーキャンプサイトは一面芝生なので、道路や駐車場などに移動して花火をやった方が芝生を傷めないですね。

 

ペット

ペットはOKです。

ペットを入場させる場合は予約受付時に必ず申告をして他のキャンパーさんの迷惑にならないように自己責任で管理します。

 

夏の湖畔は蟻の大群

2019年9月に財田キャンプ場に泊まった時には湖畔で足を付けて遊ぶことができ、長女にとってお気に入りのキャンプ場になっていました。

今回も同じく湖畔で少し遊ぼうと行ってみたら、娘たちが何やら足元を気にしています。

ふと足元を見てみたら、蟻が大量にいるではありませんか!

それに気付いた長女は泣きながらちびみに抱き付いて来たそうで、次女は泣いて動けなくなりました。

テントで設営をしていた私は泣き声が聞こえてきて何事かと思い駆け付けましたが、たしかにおぞましい程の蟻がいました。

蟻の巣が無数にあったので大量にいたのでしょう。

夏場の湖畔は蟻に気を付けてください。

 

長女の大好きなキャンプ場が大嫌いなキャンプ場になってしまいそうでしたが、カエルが救ってくれました。

小さいカエルがいたので捕まえてカエルとずっと戯れていました(笑)

 

フリーキャンプサイトの木陰にはカエルがたくさんいる場所もあるようなので気を付けてください。

 

虫はハエが多め

パワー森林香を焚いていましたが、蚊はほとんどいませんでした。

ハエがタープの中に入ってきて結構うるさかったです。

外で食事をするときはハエに気を付けましょう。

 

 

洞爺水辺の里財田キャンプ場の最寄りのお店

洞爺水辺の里財田キャンプ場から車で10分弱でセイコーマートがあり、とうや水の駅で野菜を購入することができます。

近くにスーパーはありませんので洞爺駅の近くにあるAコープか伊達市のイオンやコープで買い物をするのが良いかと思います。

 

精肉店「肉のかんべ」

洞爺湖温泉の近くにある「肉のかんべ」でBBQのお肉を購入してみました。

精肉店が経営する焼肉屋さんになっていて、キャンプ用のお肉も購入できるとのことで行ってみました。

ラム肉・豚肉・鶏肉・カルビ・骨付きソーセージなどが購入できます。

1種類につき300g以上からの購入になります。

⇒肉のかんべHP

骨付きソーセージは美味しくておすすめです。

 

お肉屋さん田所

⇒お肉屋さんたどころHP

こちらのお肉屋さんに行く予定でしたが定休日で行けませんでした。

地元の方もお肉を買いに行くお店のようです。

BBQの食材購入で寄ってみてください。

 

洞爺水辺の里財田(たからだ)キャンプ場 まとめ

洞爺水辺の里財田キャンプ場のご紹介でした。

  • きくポイント★★★★★

Good

  • 洞爺湖畔のキレイなオートキャンプ場
  • 洞爺湖のキレイな景色を眺めれる
  • 設備は充実している
  • トイレ・炊事場はキレイ
  • レンタル用品が揃っている
  • 手持ち花火はできる

Bad

  • 人気のキャンプ場なので週末は混雑する

 

何度もリピートしたくなるキャンプ場です。

小さいお子さんがいるファミリーキャンパーにもおすすめのキャンプ場。

 

やはり子供たちは湖に入って遊ぶのが楽しいみたいです。

自然を満喫できるキャンプ場。

人気のキャンプ場なので週末は予約で埋まってしまいますので、早めの計画を立てて予約の電話をしてみてください。

 

きくポイントについて

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

きくりん

このブログの管理人となります旦那のきくりんです。 北海道の道南グルメ・ファミリーキャンプなど、子育て親目線で感想を投稿していきたいと思います。 インドア派だったが令和になってデビューしたファミリーキャンプにドはまり中。

-キャンプ場
-,

© 2020 北国ちびみ一家の暮らし